watari-dori’s diary

セミリタイア志願40代ママドクターの、仕事以外の話ばかりのブログ

2019バレンタイン総括(我が家版)

こんにちは!watari-doriです。

今年もあっという間にバレンタインデー終わりました。

義理チョコを貰ったりあげたり、色々しましたが記録しておけばよかった…とあとから思いました。

あげたもの

母である自分から、夫と子供3人に義理チョコ。

家族内でも義理チョコと呼んでよいのか悩みますが。

こんな感じでした↓ 価格は確か一箱700円くらい。


f:id:watari-dori:20190215084841j:image

モロ〇フのものです。残りを食べましたが、美味しかったです!

翌日に写真を撮ったので、かなり食べられてしまっていました。残念。

もらったもの

夫:秘密らしい。(ゼロなんじゃないかと推察)

長男(小6):友チョコ2個

次男(小6):友チョコ5個

娘(小1):友チョコ1個

小学生はみんな学校に持ってくるんですねえ。驚きました!

殆ど食べつくされてしまいましたが、こんな感じのものでした。小学生ながら趣向凝らしてます↓


f:id:watari-dori:20190215085606j:image

とりあえず友チョコのおかげで救われた感じです。

自分が子供の頃は本命チョコくらいしかなかったので、バレンタインデーはとても緊張感の漂うものでしたが、友チョコが広まってからは楽しいイベントデーになったように感じます。

ホワイトデーへの教訓

今回子供たちがもらった友チョコは、

①クッキー

②ブラウニー

カップケーキ

④チョコレートのスポンジケーキ的な何か(ガトーショコラでよいのか?)

に大別されました。

ここで考えたいのは、もらった後の事。

スポンジ系は早めに食べなきゃと思うので、プレッシャーがかかります。

友チョコを多く貰うことが増えているので、一気に食べられないことを考えて日持ちがするものをホワイトデーには作ろうと思います。

そうすると、クッキーかチョコレートが無難という結論に達しました。

勝手に総括:友チョコをプレゼントし合える友達がいるのはいいことだ

義理チョコと考えるとやる気は出ませんが、友チョコは気軽で良いですね。

学校にチョコを持ってきて良いかどうかは意見が分かれると思いますが、クラスの人間関係が良好な証拠だと思い、親としては嬉しくなりました。

クラス全員にクッキーを作って配った、という女の子もいたようです。お疲れさまでした!感謝です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。watari-dori