watari-dori’s diary

家族ともっと楽しく過ごすライフハックの探求者です!

PTAクラス委員決め!無理ゲーを続けることの愚。

こんにちは!watari-doriです。

子供の通う学校は、この時期に来年度のPTAクラス委員を決めます。

共働き家庭にとっても、専業主婦にとっても、つらい所です…。

そもそも入会の意思を問われたことすらないですが。

 

「PTAクラス委員選出のための希望調査」

こんな紙が回ってきます。

f:id:watari-dori:20190202080220j:plain

「学校への協力をお願いしています」といいつつ、強制です

「子供一人につき、在学中に少なくとも一度はクラス委員を引き受けて、学校への協力をお願いしています。」

一見、義務はないような書き方です。

しかし文章を読み進めていくと、

「クラス委員に選出された人は、保護者会に必ず出席するようお願いします」

という文章もあります。

また、「協力」を仰ぎつつ、「できない」と拒否を記入する欄は一切ありません。

「ご協力」「お願いします」と低姿勢つつ、拒否を表明することが許されていない?

あくまで文章は低姿勢なのですが、そこには「引き受ける」以外の選択肢はありません。

いっそ義務ですと言ってしまえばいいと思うのですが、それはPTAとしてはできません。なぜなら、PTA加入の義務は全くないからです。

papimami.jp↑のサイトなどで広く言われていますが、PTA加入の義務はないし、加入と退会が自由なのです。…建前上は。

しかしながら、子供の通う小学校では、PTAの加入希望用紙を出した覚えはなく、入学式にPTA会長があいさつして、そのまま「全入会」なのです。

時代錯誤ではありますが、東京都下の小学校などはこんなもんです。

PTAを嫌いなわけではない。でも、今の社会には合わない!無理ゲー的PTA。

先述のプリント(クラス委員選出用紙)を読み進むと、PTA委員の仕事が役職ごとに紹介されています。

色々あるようです。例えば、

・運営委員…年6回+その他多数の行事で仕事あり。「子連れ参加不可」

・ベルマーク係…毎月1回、平日午前中にベルマーク集計。「子連れは可だが大変」

などなど。

幼い子供がいる家はできないですね。また、働いている人は、毎月平日午前半休捕れないと思います。

もはや、「無理ゲー」でしかない活動。

「文句を言うなら、委員や役員になって、内部から変えろ!」という意見の愚かさ

よく、PTAに反発するQ&Aなどをみていると、必ず出てくるのは

・子供がお世話になっているのにPTA活動できないのは勝手だ

・PTAに文句を言うなら、内部に入って自分で改革しろ

という厳しいご意見。

いや、そもそもそれができるなら、自発的に役員をやると思います。

子供が学校にお世話になっているのは十分承知ですし、外から文句言うことが卑怯にあたることはわかるのですが、それでも働いていたらできないことが多いです。

それぞれの事情を考慮することができないのが、PTAという組織なのでしょうか。

穏やかに、静かに、ひっそりと時が過ぎるのを待つこととしました。

「もう、こんなPTAはやめませんか?」そう言いたいところですが、既存勢力は強いので無益な戦いは望みません。

 

とにかく静かに、ひっそりと。

クラス委員のくじ引きに当たらないことをねがうだけです。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。watari-dori