watari-dori’s diary

家族ともっと楽しく過ごすライフハックの探求者です!

夜読みだすと、止まらない漫画!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』

こんにちは!watari-doriです。

好きな漫画はたくさんありますが、引っ越しのたびに減らしてきて今では数えるほどのシリーズしかありません。継続して買い続けているものもあまりありません。

そんな自分の漫画で、特に夜更けに読み出すと止まらないものをご紹介します!

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』です!

愛蔵版をそろえると、壮観です↓


f:id:watari-dori:20190128163806j:image

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

有名すぎるこの漫画、安彦良和先生の名作である初代ガンダムをコミカライズしたものです。本編の流れだけではなく、1年戦争に至った経過の補足などまさに「ガンダム正史」と呼べるこの作品。

愛蔵版全12巻。これはどうしても売れずに、数回の引っ越しでも手元に置いた漫画です。

アニメの機動戦士ガンダムは、1979年から放映開始されました。

自分が観たのは、たしかファーストガンダムの再放送だったと思います。

その時はただボーッと観ているだけで人物関係や位置関係を把握していませんでした。

 ↓Amazonでも新刊入手できる巻と中古のみと色々です。

 

もちろん通常のコミック版でも良いのですが、愛蔵版だけにしかないオススメポイントがあります。

巻末のコメントがすごすぎる!

愛蔵版1巻が出版されたのは2005年。それから1~2年に1回のペースで1巻ずつ出版され、最終の12巻は2014年に初版発行されています。

巻末に毎回一人ずつコメントが載っているのですが、

1巻 庵野秀明

2巻 CLAMP(イラスト付き)

…と有名人が後書きを書いています。

中には、『君の名は』でヒットした新海誠監督も…

いかに多くの人がガンダムから影響を受けたか、わかりますよね。 

サイドストーリーが入っていて、世界が広がる!カラーが綺麗!

内容は、おそらく通常コミック版と同じだと思います。

ファーストガンダムのアニメ本編が基本です。しかしアニメ本編の内容だけではなく、主要キャラの生い立ち・その後なども入っています。

・シャアとセイラが親と別れてからそれぞれ巣立っていくまで

1年戦争後のカイのその後、セイラのその後

その他、コロニーを落とすときの残虐すぎるはなしなど。

12巻ですが、読み応えあり!です。

また、これは通常コミック版ではどうかわかりませんが、カラーページが美しい…!

安彦良和先生の画力を堪能できます。

ふと読み出すと、行ったり来たりして終わらない無限ループ

自分の場合、夜更かししたい…というときは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を読むことが多いです。

愛蔵版が豪華装丁なので、オトナの気分になります!

1冊の値段が3000円弱と高いのが玉にきず(泣)。

ですが、是非これは手元に置き続けたいと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!watari-dori