watari-dori’s diary

セミリタイア志願40代ママドクターの、仕事以外の話ばかりのブログ

実家との距離~子供を世話してもらうときの注意点

こんにちは!watari-doriです。

フルタイム勤務+当直月2~4回をやっています。激務じゃないけどそこそこ忙しいです。

こんな生活が成り立つのは、ひとえに夫&子供の協力があればこそ。さらに、自分の父母(以下おじいちゃんとおばあちゃんと呼びます)が手伝ってくれるからだと感謝してます。

孫の世話をしてもらうことは有り難くもあり申し訳なくもある

シニア世代の方には「まだまだ自分の生活を楽しみたい!」という方も多いはずです。

子供世代としては、「可愛い孫のためなんだから、色々と世話してほしい」と思うでしょうが、孫の世話で疲れてしまう人も多いようです↓

limo.media

おじいちゃん、おばあちゃんとよく話し合って手伝い分担を依頼しないといけないなあと思います。

逆に親密すぎて断絶してしまった例も!

女性にとって、自分の実家が近くにあって色々と手伝ってくれるおじいちゃんとおばあちゃんがいるのは心強いものです。

我が家もそう。徒歩10分のところに私(ママ)の実家があるので、子どもたちも週に5日は色々な用事で行っています。今の所良好な関係だと思います。

しかしながら、みんながそう言うわけには行かないようです。

知り合いの話ですが、奥さんの実家近くに家を建てた家族がいます。

最初は良好な関係だったとのことです。しかし、嫁とその母(おばあちゃん)が親密すぎて、おばあちゃんからの介入がかなり強くなり、旦那さんが怒って関係が実家との関係が悪化してしまった、とのことです。

今は近所に住んでいるのに、断絶状態。おばあちゃんは旦那さんの命令により「出入り禁止」になってしまったということです。

とくに、娘とその母(おばあちゃん)はベッタリとした関係になりがちなので、夫婦で話し合ったほうがよいです。

気をつけているポイント

我が家が気をつけているポイント

①常に感謝の気持ちを!そして感謝の気持ちを「謝礼」で伝える!

 自分は、毎月「月謝」として一定額を支払います。

 これは決して「お金で解決」という意図ではなく、感謝の気持ちを表していることと孫の食事などでかかったお金を支払う、ということです。

②子供とおじいちゃんおばあちゃんのトラブルがあれば、フォローする!!

 孫世代も日々成長していきます。そして、おじいちゃんとおばあちゃんはどうしても老いていきます。孫が反抗期にはいってくるとどうしても口論となることもたまにあります。その場にいなくとも、後から話を聞いたらきちんと双方の言い分を聞いて、フォローします。

 おじいちゃんおばあちゃんと孫の関係が成長によって変わってくるときに、しっかり対応していく時が大切だと思います。

③最低限必要なことは伝えるが、それ以外は口を出さない

 我が家では、おじいちゃんおばあちゃんが孫の食事や宿題なども見てくれます。

 ついついお菓子を与えすぎたり、宿題の指導が厳しかったりと自分から見ると口を出したくなることもあります。

 最低限のお願いは、します。例えば、虫歯が増えてきたので甘いものは控えて欲しい(止めてとは言いません)、宿題は自分でする日も設けておじいちゃんおばあちゃんと宿題をしない「お休み」の日を作る、など。

でもそれ以上はお任せしちゃいます。

自分が常に正しいわけでもないですから。

また、おじいちゃんおばあちゃんは、それぞれ趣味やフリーランスの仕事を持っています。それらの時間をまず大切にして欲しいので、色々とお願いしすぎないようにしています。

まとめ

実家との付き合い!

べたべたしすぎないことが長続きの秘訣だと思います。

また、最初は可愛い孫でも成長とともに生意気になってきて、関係が変わるときにしっかり対応することも大切です。

 

最後までありがとうございました。