watari-dori’s diary

家族ともっと楽しく過ごすライフハックの探求者です!

子供とピアノ 続ける方法 

こんにちは。働く母さん、watari-doriです。娘がピアノを始めて、3年たちました。

 

お稽古事としての、ピアノ。様々なネット上の子供のお稽古事ランキングを見ても不動のベストスリーに入ります。一方で、なかなか長続きしない子供もいます。

「普通の子供」が、何年位習うと効果が出るのか。続けるコツは。

我が家の例で考えてみました。

ピアノの効果とは。ゴールをどこに置くか

まずは、ゴールについて考えてみました。「我が子を是非ピアニストに!」という強いご家庭はこの際例外としました。あくまでも普通の子供の話です。

ピアノを始める、最初の動機はとても気軽なものではないでしょうか。友達や近所の人がやっていた、子供が興味を持った、知育によさそう……。始めた動機によって、ゴールも違います。

我が家は、最初に娘が興味を示したのですが、母親である自分としては「手先のトレーニングとして、兎に角続けて行こう」と「続けてみる」という目標を設定して開始しました。

バイエルが終わる、ツェルニー〇〇番まで行く、など到達度は色々あると思います。その辺が良くわからなかったのもありますが、まずは始めてみて、面白くないときでも手と頭の訓練と思って続けさせてみようと思ったのです。

あまり練習しない娘

こうして全国に教室を持つ大手ピアノ教室に通い始めたのですが、案の定すぐ飽きてしまったようです。

やはり、イメージと現実は異なるものなのですね。しかも共働き家庭で、毎日ピアノの練習を見てあげられない。教室に行く日に慌ててピアノをおさらいする、ということもありました。

当然、曲を仕上げるスピードは遅く、なかなか級(グレード)も上がりません。安くない月謝を払いつつ、いつ辞めようかと考えることもありました。

気付くと3年。相変わらず練習はしない娘だが、ピアノに慣れてきた

そうして3年がたちました。娘は、今でもあまり熱心に練習はしません。しかしながら、だらだらと続けてきた成果は出ています。練習していない割に、すんなり弾けるのです。ピアノを弾く、ということにようやく慣れてきたように見えます。超絶技巧や天才子供ピアニストとは程遠いのですがこれもまた現実。

また、教室の先生からのお勧めで、レッスンから帰宅した後すぐにおさらいをしておくという事を始めました。これが効いているようで、帰宅後のおさらい(練習)を始めてからのレッスン内容定着率が良いようです。また、効果というのは目になかなか見えませんが、小学校の鍵盤ハーモニカは得意で音楽の授業などで楽しく演奏しているようです。

親の理想通りではないが、これも一つの結果

ピアノを3年間習わせて思うことは、効果が目に見えなくともとりあえず続けてみようか、という事です。知り合いの家では、ピアノを1年位習ったもののあまりに自宅で練習をしないので、母親が怒ってピアノ教室を辞めさせたという話も聞きました。

親の理想通りに毎日練習できてなくても、曲を仕上げるスピードが遅くても、やっていることは無駄にはならないと思います。

我が家的には決して安い月謝ではありませんが、もうしばらくピアノ教室通いを見守ろうと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。watari-dori